スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐犬うみちゃんの自慢と その記録(NO.5)

2009-10-12 (Mon) 23:10[ 編集 ]
(ふうちゃんのママより)

お天気にも恵まれた連休は いかがでしたか?

ふうママは、固まってしまったPCのキゲンとりに オタオタして1日過ぎてしまいました(>_<;)

みなさんへの訪問&コメが遅くなってしまい、ごめんなさいね (。。;)



今日は、だんだん 子供のようになっていく うみちゃんの名誉のために

若かりし頃のうみちゃんの自慢話と 写真を見て下さいね。




うみ6歳の頃の写真です。体はどちらかというと、固くいかつくて 甲斐犬の持つ

猫のような しなやかな動きには欠けていたかもしれません。

ただ毛の光沢はとびぬけて美しく、14歳になった今でも 昔ほどではありませんが

年齢を感じさせないほど ピカピカしています。


「日本犬は、自ら考え、状況判断し、飼い主にとって最も良いと考えられる行動をする。」

という事を 以前載せましたが、そんな例の話です。

私の実家の母が うちに泊まった時のことです。

半年に一度くるか 来ないかの人です。当然うみちゃんもそれほど慣れておらず

母が「おばあちゃん」という名前の人だとも知りません。

朝食の支度が出来て、私はうみに「おばあちゃん、起こして呼んできて・・」と特別

それを期待したわけでもなく、うみに言いました。

うみは、起き上がって部屋を出て行きましたが、私はまさか本当に母を呼びにいったとは

思ってもいませんでした。

ところが、しばらくすると、うみは母を連れて一緒に居間に戻ってきました。

驚いた私は 母に「どうしたの?」と聞くと「うみちゃんが 起こしにきたよ」というのです。

「どうやって?」と重ねて聞くと、「扉の外で クンクン鳴くから、戸を開けると挨拶をした後

振り返りながら、“きて!”と前を歩くから、呼びにきたんだな~って思ったのよ」と言うのです。

私が言った言葉の「おばあちゃんを 起こして呼んできて」のおばあちゃんが母のことであるのを

うみは知りません。また「おこして呼んでくる。」行動を指示したこともなければ、呼ぶために

クンクン鳴くのか、わんというのか、戸をカリカリするのか、教えたこともありません。

うみは、私の言葉を言葉として理解したのではなく、わたしの望んでいることを感覚で理解し

その実現のために自分がどうすればよいのか、自ら考えて行動に移したのだと思います。

これには、さすがに驚かされました。
















うみちゃんの記録(NO,5)





後ろ足が弱くなり、朝は特に自力で立つことができない。




うみの為の介助用ハーネスを使って起立させ、ほとんどハーネスで吊り下げるように散歩に連れ出す。

排泄もだんだん がまんができなくなり、2~3時間おきに連れ出す。

皮膚は 薄く弱くなり、少しのことで傷ついて出血してしまう。




腹水で膨張したお腹




まだ、食欲はあるから大丈夫。

少しでも長く 一緒にいようね・・うみちゃん







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 DESIGN ROOM
Reco House
  ℡  082-209-4355
  Mail reco-house@kme.biglobe.ne.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://xrecohouse.blog130.fc2.com/tb.php/51-a543bc52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。