1988年05月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐犬うみちゃんの魅力と その記録(NO.4)

1988-05-08 (Sun) 12:52[ 編集 ]
(ふうちゃんのママより)



広島は、まだ日中は暑い日が続きますが、

夕方からは涼しい風がふき 秋の訪れを感じています。


今日は、親ばか丸出しで どんなにうみちゃんがステキな子か書いてみますね。


16歳で旅立った先輩犬が、うみちゃんに厳しい犬だったことは以前書きましたが、

認知症になってからは、ますます神経質で乱暴な犬になり、目の前にうみがいただけで

噛み付いていました。私達家族ですら、威嚇することもありました。

うみは、あちこち噛まれて、足が傷ついた時はお散歩も行けないこともありました。

それでも、悲しそうな顔をして 向かっていけば当然自分の方が優位なのに 

はむかう事なく なるべく距離をおいて生活していました。


この先輩犬の介護は、本当に大変でした。 私が仕事を始めるきっかけとなった犬です。

この子のことは またの機会にご紹介しますね。


グループ内での雄犬同士なら、別でしょうが そうでない場合

日本犬は、どんなになっても先輩犬を立てると言いますが、まさに そんな様子でした。


それでもうみは、先輩犬が臨終の時 早朝4時半でしたが、わたしの枕元にきて

「FUN FUN」とないて知らせました。 起きて行くと 全身が弛緩する その瞬間で、

萎えていく温かい体をさすりながら、うみと二人で見送りました。


うみは、絶対に寝室に入ってくる犬ではなかったし、許可しても入らない子でした。

状況を理解し、わたしに知らせる為に自ら考えて 不服従し 耳元で小さな声で知らせてくれました。


日本犬は、状況を自分で考えて、判断し行動に移す犬だと実感しました。

そんな性質は、普段の生活においても魅力がありますし、だから猟犬としても

活躍することができるんでしょうね。


うみちゃんの自慢話 おつきあいくださってありがとうございます。

また、親ばかさせてくださいね。






















(うみちゃんの記録 NO,4)


足が弱ってきた。  

調子の良い時は、リードだけで歩くことができるが、悪い時は、ハーネスを着けて出る。

排泄中もふんばれなくて、へたりこんでしまう。

1日 7回の排尿、1回の排便、家の前に連れ出すだけだが、それでもしんどそう。




ふうも、うみの状態が理解出来てきたのか、今までのように、ちょっかい出すこともなく

見守っている様子が見られる。




一日中、このように腹ばいになっている。夜も横になっては眠らない。

横になると、お腹か、心臓を圧迫して苦しいのかもしれない。









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 DESIGN ROOM
Reco House
  ℡  082-209-4355
  Mail reco-house@kme.biglobe.ne.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。